パチンコ ハワイ 閉店

パチンコ ハワイ 閉店

 ビスマルクがケーニヒグレーツの戦いが終わった直後、激しい騎馬戦が行われたストレセティク近郊を視察すると、そこには未だに馬の死骸や斃れた兵士が横たわっていて、負傷兵が担架兵に集められて後送されているところでした

 ビスマルクは馬から降りてその負傷兵たちを見舞おうと近付くと、担架兵からもう長くはないと後回しにされ、地面に横たわっていた一人の竜騎兵が弱々しく手を上げるのが目に止まります

 宰相が横たわる兵士に膝を折り、顔を覗くと兵士は、「何か、気付けになる様なものを頂けませんか」 兵士は瀕死の自分に近付くのが宰相だと気付いたのかどうかは分かりません

ビスマルクは少佐の制服を身に付けていたので騎兵将校だと思ったのかも知れません

 ビスマルクは頷くとシガレットケースを取り出しますが、蓋を開くと一本しか残っていませんでした

しかし躊躇わずその一本に火を付け、兵士の口に差し込んでやります

あなたも好きかも:交換率情報
 兵士はほっとしたように一服吸い込み、微かに笑うと、「ありがとう……」 そしてビスマルクの目の前で息を引き取りました

 「あの騎兵の顔を私は一生忘れないだろう

あの時の一服は、私が今まで吸った葉巻の中で最も重い一服だった」 ビスマルクは考えます

あなたも好きかも:パチスロ エウレカセブン フリーズ
彼がこの戦争を進めるに当って考えた目標は、ドイツという将来の国家枠からオーストリアを取り除くこと、そしてプロシアが北部ドイツを統一支配することにありました

あなたも好きかも:サードパーティ パチンコ
そのためにオーストリアを「懲らしめる」こと

それが彼の考える「普墺戦争」だったのです

 そのために必要なプロシアの「勝利」はケーニヒグレーツだけでも充分過ぎるほどで、本心は一刻も早い講和です

 これ以上、あの竜騎兵のような犠牲を出す無駄な戦いは将来の「敵」を利するだけ、彼はそう思っていたのでした

 ケーニヒグレーツ戦の直後から、オーストリアでは首都防衛の陣地構築を始め、支配領域を含めた国内の防衛強化のため追加の徴兵や自衛のための郷土兵を募集したり、イタリアから南軍の半分に当たる兵力を引き抜いて首都に送ったりしましたが、首脳部は逆転の望みは薄いと考えており、また各地に反乱を誘うような不穏な空気が醸成されていました