スロット クレア2

スロット クレア2

神の力で操られていたところで、体を動かしているのは本人の脳である、という証左だろう

だからこそ、頭部を失ったウルクの胴体は、動かなくなった

 神の支配を脱却した、といえるのかどうか

 セツナは、もはや体重をかけることもなくなったウルクの胴体から抜け出すと、まず、彼女の頭部を探した

あなたも好きかも:パチスロ バーサス スロット
弐號躯体の強固な装甲、骨格を粉砕するほどの威力を発揮した波光大砲は、首から上の部分を遠くまで吹き飛ばしており、探し出すのに多少の時間を要した

その間にファリアたちが駆け寄ってきて、頭部を失ったウルクの目の前で凍り付いたように動かなくなった

レムとエリナはウルクの胴体に縋り付き、エリナは声を出して泣いた

あなたも好きかも:牙狼魔戒の花 パチンコ
見るからに痛ましい姿だ

エリナが泣きたくなるのもわからなくはない

あなたも好きかも:戸塚 原宿 パチンコ
 セツナも、なんともいえない感情が胸の内で渦巻いていて、処理する方法もわからないまま、ウルクの頭を探していた

「いったい……どういうことなの? なにが起こったのよ……」「見りゃわかるだろ

ウルクは、自分で自分の首を吹き飛ばしたんだよ」 ウルクが、セツナの声に反応を示していたのは、間違いではなかったのだ

記憶を改竄され、神の如き力によって操られながらも、セツナのことを必死になって想いだそうとしてくれていたのではないか

だからこそ、彼女の中で混乱が起きた

そして、その混乱の果て、彼女は、セツナを護るための行動を取ったのではないか

自分を取り戻したが、神の支配を脱却することはできない

だから、自分の首を吹き飛ばした

そうすることで、セツナを苦しめようとする自分の体を止めたのではないか

 そうとしか考えられない