速報 スロット

速報 スロット

貴方が寿命を迎えるまでには間に合わせてみせるって、約束してあげる」「約束なのだ

それじゃあ師匠はこのままエクドにーちゃんの面倒をよろしくなのだ

ノラは師匠の先の予定を片付けておいてあげるのだ」 ノラはもう一度だけこちらに振り返り、小包を一つ俺に渡した

装飾が丁寧に施された、贈り物のような小包だ

「これは……?」「デュヴレオリの特異性を活かすための魔具なのだ

『紫』と一緒に研究していたけど、完成が間に合わなかったのだ

今はエクドにーちゃんが持っていた方が役立つのだ」「……良いのか?」「良いのだ

デュヴレオリにはもっと良いもの用意しておくのだ」 ノラは少しだけ無邪気そうに笑うと、そのまま部屋を出ていった

あなたも好きかも:ゴルフ スロットルボディ
それを皆が見届け、バラストスが小さく息を吐いた

「私、もうこの後仕事ないんだけどね

ケイールとしっぽりしようと思ってたくらいだし……はっ、まさか!?」「ないない

ちょっとは空気読みなさいよ……」「冗談よー!わかってるわよー!ま、この戦いが終わったら、師匠としてちょっとくらい弟子のために奮闘してあげちゃうかー」「……本当に強い子ね?数十年の別れを突きつけられても、平然と笑えるなんて」「そりゃ私の弟子だし?」「そっち方面では貴方が弟子になった方が良いんじゃない?」「えー……いや、ありか?」 バラストス達が話している最中、俺は手にした小包に視線を落とした

あなたも好きかも:パチンコ ウルトラマンセブン 甘
鎖や剣に比べれば全然と言って良いほどに軽いものだ

それでも俺の腕はこの小包に確かな重さを感じていた

ギルはああ言って誤魔化したけど……十年以上を共に過ごしたのだ、当然、分かってはいた

 今のこの関係が好き

 それは、貴族と、庶民と、孤児の、お互いが普通に生活していたなら、あり得なかったであろう関係

 学舎にいても、それを受け入れてもらえないことは多々あった

 特にハインだ