餃子 の 王将 パチンコ 5000

餃子 の 王将 パチンコ 5000

 かつて一人だったあやめに手を差し伸べた鬼灯は、あやめが感謝しているのを知っている

それを対価に、鬼灯はあやめがいなければ記憶を保てない――ああ、何という対価だろうか

あまりにも甘美で、お互いがいなければ生きていけないような状況にある

 最初が鬼灯だった、という結果が見せるあやめの好意は、確かにあやめの心から生まれたものだろう

鬼灯もまた好意から手を差し伸べた

 だから依存できてしまう

無理をせずあやめに託し、またあやめも鬼灯に寄りかかることで生きる意義を持っていられる

あなたも好きかも:高槻 パチンコ ritz
 ――だが、それでは一人で立っていられない

あなたも好きかも:戦乱カグラ パチンコ キャラ選択
 二つの足で歩いていけない

 依存は停滞だ

寄り添うことでは決してない

 現実逃避と同じく、目を逸らすことと同意

 まだ二人は、お互いに、その落としどころを見出せてはいないのだ

あなたも好きかも:パチンコ 娯楽
ゆえに悩み、一緒にいながらも一線を引きたがる

 迷惑という言葉を、使いながら、探り合う

 それこそがあやめの敬語であり、鬼灯の態度だ