パチスロ ゼットゴールド

パチスロ ゼットゴールド

ここは霊脈じゃないんだよう…僕の魔力も限界まで持って行ったので、ぶっ倒れちゃった

 そんな苦労の甲斐あって、素晴らしい出来栄えでしたが!お父様も「費用と手間が浮いた」と喜んでいた

 ドワーフ職人達には沢山のお酒が振る舞われたが、他の精霊達にもかなり呑まれた…

僕が15歳になったら混ぜてもらおう! そうしてラウルスペード騎士団も始動したのだ

あなたも好きかも:まどマギ スロット 高設定確定
隊舎の職員とか肝心の騎士も集まり、今日も鍛錬の音が響く

ちなみに彼らも、僕が女だと知っている

あなたも好きかも:戦コレ スロット 徳川
 たまに鍛錬に混じりに行くと、女の子扱いされるのが嬉しいような嫌なような

剣を振るっている時は男も女も関係ない、かかって来いやあ!!!「なあ…シャルティエラお嬢様、ヤバくねえ?」「ふっつーに俺らに付いて来てる…むしろ俺らより上行ってねえ…?」「女性騎士の中だと、ダントツで一番じゃ?厳しいはずの鍛錬も、涼しい顔してこなすし」「そういや腰に差してるあの剣、鉄もスパッと斬っちまうんだってよ」「こええ…でも気さくで優しくて可愛くて、それでいて強いって

俺求婚しよっかなー…」「ばーか、相手にされるかよ」 ???休憩中、なんか視線感じる…そろそろ専属騎士選ぶのか

誰にしようかな…? その日の夜

明後日にはもう始業式なので、明日僕らは首都に向かう

 早めに寝るかーと思っていたら、部屋の扉がノックされた

「お嬢様

今…よろしい、ですか?」 誰かと思いきやグラス?……一応上着を羽織り、扉を開ける

「どうしたの?」「…明日、首都に向かう…向かわれる?んですよね」「うん、そうだよ

でも今まで通り週末は帰って来るからさ」 部屋の中に招き入れ、ソファーに向かい合って座る

彼は飲み込みが早いようで、辿々しいがきちんと敬語も使えるようになってきた

 もう少しで及第点を出せるので、そうしたら一緒にタウンハウスに行っても良いってバティストも言ってた!凄いなあ

 それで…なんの話だろ?彼はさっきから僕の顔をじーっと見つめるばかりで、用件を言おうとしない