織田信奈の野望 パチンコ

織田信奈の野望 パチンコ

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ コウたちが去ったあと、ドノバンは自分の執務室でふと先ほどのやり取りを思い出していた

 コウからの情報のおかげで、当初の予定よりも楽にことが進めそうになった

あなたも好きかも:パチスロ ボリューム調整
「アデールさえも知らないクラウンの取引を知る冒険者、か」 もう既にドノバンの中では、冒険者コウの正体については確信しているが、その名前を口にすることはない

 見た目は、こういってはなんだが、ごく普通のそこらにいる者たちと同じようにしか見えない

あなたも好きかも:生活保護受給者 ぱちんこ
 だが、コリーのみならず、他にも何やら色々とありそうな仲間たちを従えるその姿は、ドノバンから見れば異色そのものだった

あなたも好きかも:7つの滞在 パチンコ 強欲
 さらにいえば、見た目では分からないコウ自身の能力もある

「・・・・・・一体どこであんな知識を蓄えているのやら・・・・・・」 ドノバンにしてみれば、冒険者コウは不思議な存在そのものとなっていた

「まあ、そんなことを考えていてもしゃーないか

仕事するか」 他に誰もいない執務室で、ドノバンのそんな呟きが洩れるのであった

既にクラウンでは取り扱っている素材でした

といっても、流通量は非常に少ないです

下手にとると全滅してしまう可能性が高い植物の為ですね

コウから聞いた情報をきちんと確認するため、ドノバンはすぐに本部へと確認を取った