鬼魂 オンラインゲーム

鬼魂 オンラインゲーム

基盤の上に多くの考えや法則を乗せすぎてその基盤を動かすことができなくなってしまっているのである

「じゃあ先輩たちは今俺を狙ってる?精霊術師にその支援を受けられるようにする代わりに俺を倒せって言ってきたってわけか?」「実際そんなコネがあるとも思えないからちょっと援助する程度の話かもしれないけどね・・・それでも精霊術師たちにとっては破格の条件のはずよ

まぁあんたを倒せって言われたかどうかはわからないけどね

あなたも好きかも:でちゃう こしあん スロット
もしかしたら別の条件かもしれないし」先輩魔術師たちが一体何を考えているのかはわからない

そもそも一体どのような考えを持って康太を陥れようとするのかもわかっていないのだ

物理的に倒してどうするのかという話でもある

相手は康太が基本的に邪魔だ

文を自らの派閥にいれたいと考えた時に最初に障害となるのは康太の存在だ

となれば康太を排除したいというのは当然の考えだろうが仮に排除したところで文がその派閥に入るかも怪しいのである

あなたも好きかも:スロット デジフラッシュ
「別の条件って?」「それはわからないけどね・・・一番単純なのはあんたを精霊術師に倒させて私に呆れさせるってことかしら?私が自主的にあんたとの同盟を解消するように仕向けるっていえばわかりやすい?」「・・・あぁそうか、精霊術師なんかに負けてやんのー!的な流れに持ってこうとしてるってことか」まぁそう言う事よと文は呆れ半分でため息をつく

そもそも康太の実力など最初から把握している文からすればそんな事自体が無意味なのだ

あなたも好きかも:ラスベガス スロット 確率
実際康太は普通にやれば精霊術師にだって惨敗するだろう

だが文はそれを理解したうえで康太と同盟を組んでいるのだ

実力だけではない何かが康太にはある

魔術師として日の浅い康太が自分と同じ場所に立てているのは何かしらの理由がある

その理由ははっきりしない

師匠が小百合であるからというのもあるかもしれないがそれだけではないような気がするのだ