ドンキ パチンコ

ドンキ パチンコ

今は初恋の相手と、保護者がジュリアンになるかどうかで、産まれたばかりの少女の心は満たされていたので、今はキョトンとした顔しか、バンに向けることしか出来なかった

それでも"父であった人"は笑みを絶やさずに、そのまま、自分が抱き上げている娘を見て、口を開く

あなたも好きかも:一撃 パチンコ 攻略
『娘の顔が仮のケロイドだからと、安心するのではなく、それほどの傷を負わせてしまった親として、逃げずに向き合いたいのです

実際に、これからその様な日々をアプリコットは過ごさなければいけないし、私は親として見守ってやられければならない

ネラリアと、共に子供の事を考え、各々で確りと現実と向き合いたいのです

それと、これは私の"我が儘"ですが、ジュリアン殿、貴方には保護者に徹して頂きたい』バンの申し出に、ジュリアンはしっかりとエリファスを抱き締めながら、頷いた

『最初から、最期までそのつもりでいる

あなたも好きかも:オンラインカジノ 無料プレイ
俺が生きている限りで、きっとエリファスを、保護者として必要とされる人に育ててみせる』息子と客人の間で話の"ケリ"がついたことで、ピーンが再び口を開いた

『解った、ただ領主を引き継がせるに当たって、この部屋の仕組みだけは覚えておいて欲しいので、辛いかもしれないがもう少しここに残っておいてくれるか、バン?』"領主"としての言葉に、バンは無言で頷く

『ありがとう、それでは銃の兄弟ジュリアン・ザヘト殿、先程言った通りに』『判ってるよ、深謀遠慮の賢者ピーン・ビネガー殿

ああ、そうだ、その前にと

エリファス、"師匠"の胸のポケットに長い筒みたいな"消音器"が入っているからとってくれるかな』『はい、師匠』銃を持ち上げながらジュリアンが言ったなら、エリファスは言われた通りに胸のポケットから、消音器を取り出して、既に上に向けいる銃口に正しく填めた