コードギアス 復活のルルーシュ スロット 終了画面

コードギアス 復活のルルーシュ スロット 終了画面

「――なにが、どんなもんなんだい?」 その日、何をどう間違えたのか、独り言に対して問いを投げる人物が乱入してきた

「ああ?」 気配に気づかなかった――などとは思わないけれど、この中学校の校舎屋上は普段から出入りを禁止されているし、出入り口を開けば音が立つ

あなたも好きかも:イベント 光 パチンコ
六月の半ばとはいえまだ衣替えをしたばかりの時期、肌寒い日もあるため外に出る生徒も少ない

あなたも好きかも:冬ソナ パチンコ リメンバー
ましてやそれが授業中ならば尚更だ

 声が裏から聞こえたので寝転んだまま頭上付近へ視線を投げると、おっと、と言って視界の隅で影が揺れた

「僕のスカートの中身を覗きたいのならば、別の手段を使うといい

もっともそれが通用するかどうかまで保障はしないけれどね」「どうでもいいけど立ってると見つかる」「ん? ああ、一応隠れてはいるんだね君も

それなら安心するといい、僕の位置を発見できる箇所は限られているし、その辺りを警戒しているさ

しかし話をするのにこの恰好というのも面倒だ、隣に座らせてもらおう」「待てよ」 ようやく、公人が上半身を起こすとそう遠くない位置に少女が立っていた

学校指定のセーラー服で、見たことのない顔だ

学年は同じようだが――ネクタイの色が赤だ――となると別のクラスなのか

「使えよ、汚れる」「へえ……ビーチマットまで用意しているなんて、常習犯か

あなたも好きかも:セイヤ スロット スペシャル
気遣い無用だと言って否定するのは簡単だけれど、ありがとう感謝するよ

横にすれば君も座れるからね」 場所は出入り口の裏側で、今は日向になっているが午後からは日陰も作られる

そこに並んで座り、背中を壁に預けた

「いい天気だ