パチンコ 服装 同じ

パチンコ 服装 同じ

手に汗握るバトルシーンなどというものもまったくありません

あなたも好きかも:新宿 パチスロ イベント
つねに勝つのが決まっているバトルシーンなんて、刺身のツマです

あなたも好きかも:ベニヤ板 スロット
 バトルシーンの書き方に関しては、明日一項設けますので、ここまでで控えます

ヴァーチャル・リアリティー 私たち現代日本人にとって最も身近な異世界は「夢」です

あなたも好きかも:スロット 1日 イベント
 次に身近な異世界が「ヴァーチャル・リアリティー」でしょう

 とくに多数がインターネット上の仮想空間に集まって繰り広げられるゲームはVRMMORPGと呼ばれています

 川原礫氏『ソードアート・オンライン』と、ほぼ同時期の『.hack//』シリーズで確立された「ゲームライク」な小説のジャンルです

 異世界転移ほど大がかりではないものの、現実世界人が現実世界以外を舞台にする点に関しては、より手軽に書けます

 なにせ主人公たちプレイヤーキャラクターは全員現実世界人です

異世界風の世界観であっても、現実世界の話題で盛り上がれますし、ゲームのシステムをあれこれ工夫すれば、差異も簡単に生み出せます

『ソードアート・オンライン』のように、異世界ファンタジー風の世界観に、一万人の現実世界人が集う物語もあるのです

「浮遊城アインクラッド」の攻略に乗り出す「ダンジョン」ものを、異世界の説明ではなくゲームの世界観の説明だけで乗り切れます

そうなれば単に異世界ファンタジーを書くよりはるかに書きやすく、異世界転移ファンタジーの「ご都合主義」を気にする必要もなく、まるで現実世界を描くかのように表現できる

 まさに「書き手」は書きやすく、「読み手」は違和感を覚えづらく、双方WIN−WINの関係でいられるので、VRMMORPGは物語の舞台としてひじょうに重宝するのです

システムの説明は最小限に このようにゲームを小説に組み込む場合、とかく「ゲームのシステム」を説明しようとしがちです

 しかし「ゲームのシステム」をあれこれ説明していたら、私たちは「ゲームのシステムの解説書」を読んでいるにすぎません