牛久 パチンコ屋

牛久 パチンコ屋

「お姉様、お茶だけで構いませんか?」「うん、スープは夜ね

向こうに到着しても、町と呼べるかどうか怪しい、って聞いてるし、実質野宿と変わらないだろうけどさ」 あはは、と笑って、エミーとサリーが馬車から降りるのに手を貸す

チラ、とラルフ少年を見ると、ラルフはあっ、と小さく声を上げた

あなたも好きかも:サクセション スロット
護衛たる者、先に降りて周囲を警戒し、騎士たる者、ご婦人の下車に手を貸すものだ、と私の視線で気がついたようで、遅ればせながら、「手を貸します」 と申し出た

あなたも好きかも:パチンコ ダンボール 販売
エミーは先に降ろしていたので、サリーの方をお願いした

こうやってラルフ少年を誘導していけば、きっと察しのいいジェントルマンになってくれるかも……

 エミーとサリーがお茶を沸かしている間、ラルフ少年は周囲の警戒に入った

もちろん、『魔力感知』『気配探知』両方とも魔物や大型の動物、冒険者の反応はない

 ちなみにこの辺りには蛇の魔物がいたりするのだけど、毒もなく、大人しく、目立たないほどに小型なので殆ど無視されている

小粒すぎて魔核がない、とまで言われているけど、ちゃんとある

 馬車と馬アバターについた土を掃除して、異状がないのを確認してから『道具箱』に収納する

《ノーム爺さん、頼むよ》《ふふ、出番じゃのう……?》 ノーム爺さんが声を掛けると、周囲の土精霊が集まり、その集合地点の土がボコッと盛り上がり、球状の土塊が姿を現すと、連結されてモコモコと人型になっていく