unity スロット 回転

unity スロット 回転

 というより、自分なら人間を酷く嫌悪するだろう

 だがそう思わないのは、あくまでアミダエルという人間は自分達とは違う存在だと、同族だからそう考えられるのだ

 ずるいとは考えるが、そうでも思わないと理性の持ちようがない

 それほどまでにこの環境はひどい

「フェルサさんも大丈夫なの?」「心配ない

私はここらの里の人達みたいに同族に対する協調性がないから

あなたも好きかも:三ノ輪 パチンコ 駐車場
同情心が湧かない」 言われてみると、寮で同室だという獣人とも仲良くしてないようだったし、一度裏切られたこともあってか、獣人の里の現状にそこまで心を痛めている様子は窺えない

あなたも好きかも:小倉 スロット イベント
 だが何も感じていないわけでもないようで、戦う際には率先して行動しているように思える

 せめてもの慈悲に、楽に殺してやろうといったあたりか

「本里はさすがに大丈夫だろうけど……そろそろなんでしょ?」 エフィの問いにこくりと無言で頷いた

 フェルサにとっては一度追放されたところだと聞く

そこに足を踏み入れるのは、並々ならぬ思いがあることだろう

 だがどんな思いがあったのか、何があったのか、その片鱗も語られてはいない

 追放され、グラビイス達に拾われたということしか知らない

 森を抜けると岩壁に家だろうか、複数の入り口が存在する町へ到着した

 そこの門兵に止められる

「止まれ! ここをどこかわかっての立ち入りか?」「はい

こちらは獣人族の本里ですよね?」 エルフであるディーヴァにそう尋ねられると、快く答えようとするが、後ろに見えたアルビオを見て、血相を変える