ブラックジャック ラーメン

ブラックジャック ラーメン

 来月の修学旅行の事を考えながら、俺は次々にご飯を口の中へと放り込んでいくのだった

 そしてその修学旅行に行く途中で、水無月永人という少年は命を落とす羽目になる

 墜落していく飛行機の中で、これから走馬灯の上映会でも始まるんじゃないかと思っていた

とはいってもたった17年の人生を楽しいと思う事ができたのは、母さんと一緒に親戚の家に泊まった時か、後半の学校生活くらいだろう

 それ以外には、嫌な思い出しかない

 大切な母の死

 クソ親父の罵声

 死ぬ前にそんなものをまた見せられるのかと思ったけれど、それを目にすることはなかった

 代わりに―――――――俺は、異世界へと転生することになったのだ

あなたも好きかも:カジノ バカラ と は
 虐待を受け続けた水無月永人という日本人の少年が死に、タクヤ・ハヤカワというキメラの少年として生まれ変わることになったのである

 がたん、という音と振動が、墜落していく飛行機の中の光景を強制的に終了させる

あなたも好きかも:goldrush スロット
瞼を瞑っていたという事を自覚すると同時に、夢を見ていたのだという事を理解した俺は、右手を伸ばして瞼を擦りながら起き上がろうとする

 いつも嗅いでいるオイルや火薬の臭いと、甘いジャムの匂い

多分このジャムはナタリア特製のジャムだろう

彼女のジャムは結構甘いから、たっぷりとパンに塗ると凄まじい甘さになる

アイスティーに入れるとアイスティーがジュースに早変わりしてしまうほどの甘さなので、アイスティーに入れるならほんの少しで十分なのだ

 どうやら俺は眠っていたらしい

周囲を見渡してみると、テンプル騎士団の漆黒の制服に身を包み、支給されたばかりのAK-15やテンプル騎士団仕様のAK-12を装備した兵士たちが、兵員室の座席に座っているのが見えた

その兵士たちの傍らにある窓の向こうには、灰色の砂漠で埋め尽くされた大地と、白と蒼の二色で彩られた大空が広がっている